基礎知識

■太陽光発電の基礎知識をお伝えしています!


東日本大震災と原発事故を受けて、自宅に太陽光発電を設置する人が増加、我が家でも設置を検討しているので色々と調査しています。まだ導入にはいたっていませんが、それでも色々と分かってきたことをシェアできれば幸いです。

太陽光発電の基礎知識として見てもらえればOKかと思います。

●太陽光発電は電気を自分で作れる、電気を売れる

CMでもお馴染みとなりましたが太陽光発電は自宅の屋根に設置して、太陽光を受け取る事で電気を作ることができます。その電気は自宅の消費電気を賄うことができ、また余った電気は電力会社に売ることができます。これが基本的なお話ですね。

●太陽光発電を設置するまでの流れについて


まずは太陽光発電のパネルを選びます。どこのメーカーのどこのパネルが良いか検討しましょう。国内大手だと、ソーラーフロンティア、シャープ、サンヨー(現パナソニック)、東芝、カネカ、京セラ、三菱電機がありますので、そこから選ぶのが良いでしょう。

そのためには、それぞれのパンフレットや資料を取得しておく必要があります。近所の施工業者、電器店、ネット上の見積もりサイトなどからパンフレットをもらっておきます。場合によっては業者に依頼して、発電量のシミュレーションももらえると、検討が進みます。

どのメーカーのパネルを選ぶか?これは非常に重要なポイントとなります。

選び方としては、太陽光発電の発電量を比較するのと、予算を検討して選ぶのが良いでしょう。これはあらゆる太陽光パネルを検討してリサーチして行き着いた結果です。絶対的に安くてたくさん発電するものならばそれだけ電気代節約にもなるし収入にもなります!

次に業者選びです。

決めたパネルメーカーのパネルを扱っている地元の業者を探します。タイナビという比較サイトがオススメです。そうして業者が決まれば、あとは本番見積りをとって価格交渉(他店での見積りと比較検討)

次に補助金の申請

これは業者がやってくれますので依頼しておきましょう。そして業者と契約して工事を進めていきます。

工事完了後は電力会社と契約を結んで完成です。

●システムインテグレーター?

太陽光発電のシステムインテグレーターというとどういった物をイメージするでしょうか。きっとこの言葉を聞いたところで何のことかまったく検討もつかないと思います。こういったCMや広告を流すような所は信用に値しないので購入は控えるべきです。私達一般消費者に対してわけのわからない言葉を使い出した時点でその企業の信用は失墜していきます。


太陽光発電を選ぶときはこのような些細なことでも注視していたほうが安全です。なにせ一生もののお買い物になりますし、高額な商品ですから最初で失敗して、次にいいのを選べば大丈夫とかそんなことを言ってる暇はないわけです。

一般的に太陽光発電の耐用年数は20年と言われていますから、設置して20年もたてばあなたは中年かもしれないし、おじいちゃんになってるかもしれません。その時に、あのとき太陽光発電を設置しといてよかったよね、と家族皆そろって笑えるような状態になってるといいですよね。

あの時あの業者からあのメーカーのパネルを買わなければ今頃200万は余計に貯金もできてたし、他のことにも色々と使えたのに・・・なんて言っても始まりません。最初が肝心ですので、これからの導入を考えている人は最初から全力で太陽光を比較して検討して欲しいと思います。

●タイナビを使ってお勉強

タイナビという太陽光発電の一括見積もり比較サイトをご存知でしょうか?このサイトは住んでる地域や市町村を担当している業者がいると思うのですが、その業者の何社かに見積依頼を無料で、ネット上で手軽に行うことができるサイトです。本来は一括見積サイトなのですが、この際太陽光発電の勉強や検討をさせてもらいましょう。

まずはタイナビの使い方ですが、公式サイトにて郵便番号や、屋根の傾斜、形などを入力、自分のメールアドレスなど簡単な項目を記入して登録することで、近くの施工業者に見積依頼が飛んでいきます。

見積依頼とは言いますが、カタログももらえるし、シミュレーションももらえる、金額もわかる。質問したら回答ももらえるので、ひと通りの知識を蓄えることができるようになります。

あちこちのサイトを見たり調べたり独自リサーチするよりも、業者の資料を見たほうが圧倒的に早く中身を理解することができます。

●タイナビを使って勉強したら・・

ひととおりの知識が身についたところでどうしましょうか。太陽光発電設置したほうが得だ、と思ったのなら手続きを進めれば良いですし、いやいやまだ待てよ、と思うのなら時期を待てばいいだけです。

2012年12月8日

このページの先頭へ